ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの嗜好 > バタール・モンラッシェ > ブルゴーニュの最高級白ワイン

ブルゴーニュの最高級白ワイン

バタール・モンラッシェ(Batard Montrachet)はフランスのブルゴーニュ地方のピュリニュイ・モンラッシェ村とシャサーニュ・モンラッシェ村にまたがる面積22ヘクタールの畑から作られるおそらく世界最高級の白ワインである。

長期の熟成が必要なワイン

バタール・モンラッシェは若いうちは緑がかった黄色であるが、10年以上瓶内熟成させた後は黄金色になり、蜂蜜やアーモンドの香りを持つようになる。(10年以内に飲むのは犯罪に等しいと言われている)
味はきわめて濃厚で、赤ワインのような滋味感がある。
飲み頃の温度は13度頃でセラーの温度とほぼ同じ。冷やしすぎるとそのブーケを楽しめない。

ハンニバル・レクターとバタール・モンラッシェの接点

バタール・モンラッシェはハンニバル・レクター博士にとって喜ばしいイベントがあるときによく飲まれている。
記録に残っているところでは、ボルティモアに精神科医として開業していたころ、ボルティモア管弦楽団の理事会のメンバーと料理会を何度か開いているが、1980年にフルート奏者のベンジャミン・ラスペイルの膵臓を料理に出した際に1ケース1,100ドルで2ケース注文している。
また、バッファロウ・ビル事件の捜査協力でメンフィスの旧裁判所に移送後に脱走し、顔の整形のためにロイド・ワイマン名義で宿泊したセントルイスのマーカスホテルでのルームサービスのレシートに記載がある。一本125ドル。
ビンテージ、ドメーヌなどは不明。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/43

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの嗜好 > バタール・モンラッシェ > ブルゴーニュの最高級白ワイン

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)