ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの関係者 > メイスン・ヴァージャー > ハンニバルをコントロールできると勘違いした男

ハンニバルをコントロールできると勘違いした男

大富豪であったメイスン・ヴァージャーはその傲慢さから、ハンニバル・レクターに対してもすべて自分が状況をコントロールできると思っていたようである。
しかし他人には推し量れない理由で行動するハンニバル・レクターは「コントロール」される事などあり得ない事であった。
メイスンがハンニバルをオウイングス・ミルズのアパートに呼び寄せ、何らかのトラブルに巻き込まれるように仕組んだときもそうであった。


怪物の本性を見破られなかった男

メイスンはオウイングス・ミルズのアパートで、特別な快感を得られる自慰行為のための道具を見せたときのハンニバルの反応から「こっちのペースに乗ってきたぞ!」と思ったらしいが、ハンニバルは持ち込んだ強烈な麻薬をメイスンに与え、自身で顔の肉をそぎ落とし飼い犬に食べさせるように仕向けてしまった。
最後にハンニバルはメイスンの首の骨を折っている。
この結果、メイスンはなんとか一命はとりとめたものの鼻、唇、片目と顔の大部分の筋肉を失い、半身不随になった。
メイスンが死ななかったのは奇跡に近いというよりも、最初から殺す必要を感じていなかったようである。
なぜハンニバルがこのようなことをしたのかははっきりしていないが、メイスンの行動の中に自分と同じ何かを見いだしたからであろうか?
ハンニバル・レクターの手にかけられ命をとりとめたのはメイスン・ヴァージャーただ一人であり、そのためあえて関係者とした。
なんと、メイスンは実の妹のマーゴによって殺害されたのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/54

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの関係者 > メイスン・ヴァージャー > ハンニバルをコントロールできると勘違いした男

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)