ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > ポール・モマン > モマンの頰肉の行方は?

モマンの頰肉の行方は?

モマン殺害の後ハンニバルはその首を住まいの屋根裏部屋に運んでいるが、紫夫人に発見された時はすでに両頰の肉はきれいに削ぎ取られていた。
ハンニバルがモマンの頰肉を食した記録は残っていないが、頰肉はどこに行ったのであろうか?

頰肉を食したのか?

犯行後ハンニバルは紫夫人の料理人からモマンの釣った魚を使い、ほとんどの動物では頰肉が美味しい部位であることを教わっており、夕食にその魚の頰肉を食している(ハーブ詰め海塩包み焼)。
ハンニバルが頰肉に興味を示したのは、モマンを殺害後その部位が美味であると料理人に教わったからである。
しかし料理人がいるキッチンで、夕食後にさらに自分で調理し食したとは考えにくい。単に調理の練習とした可能性が高いが、この時から人肉に対して異常な興味を持っていたと思われる。

紫婦人との秘密

叔母の紫夫人はこの事件以来、ハンニバルの秘密を知る特別な間柄となる。
何しろ事件の隠蔽のためポール・モマンの首を大胆にも自身でバイクを駆り郵便局の前のポストまで運んだのであるから。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/57

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの犠牲者 > ポール・モマン > モマンの頰肉の行方は?

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)