ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの生い立ち > リトアニア時代 > 2歳から字を読むことができた

2歳から字を読むことができた

ハンニバルは大変聡明な子供であった。ある種の天才であったかもしれない。
2歳のころにハンニバルは乳母が読み聞かせているグリム兄弟の本の字を目で追い、乳母のアクセントを真似て声に出して読み出している。

旺盛な知識欲を父親が満たす

すでに2歳から字を読めることに気がついた父親は、ハンニバルに英語、ドイツ語、リトアニア語の辞書を与えた。
それらの辞書を使いハンニバルは城の蔵書を自由に読むことができるようになったのである。

単に文字が読めるだけではなく、理解力もぬきんでていた。
6歳の時に読んだユークリッドの「原論」から、ハンニバルはレクター城の塔の影の長さから高さを求めることまでしているのである。
このことを知った父親は自分の子供の能力をさらに発揮させるために家庭教師のレベルを上げることにし、ライプチヒからユダヤ人学者のヤコフを呼び寄せたのである。

ユークリッド原論:アマゾンから購入できます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/46

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの生い立ち > リトアニア時代 > 2歳から字を読むことができた

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)