ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの嗜好 > シャトー・ペトリュス > わずか11.5ヘクタールの畑から生まれるシャトー・ペトリュス

わずか11.5ヘクタールの畑から生まれるシャトー・ペトリュス

シャトー・ペトリュスはフランス・ボルドー地方のポムロール地区にある、面積11.5ヘクタールの黒粘土が多く含まれる畑からとれる葡萄から作られる。
使用される葡萄の種類はメルローが95%、カベルネ・フランが5%である。
この割合は通常のボルドーワインには見られないもので、シャトー・ペトリュスの特徴である。

さてその味は?

通常メルロー種は柔らかい味わいとなるワインが多いですが、シャトー・ペトリュスは熟成に長期間を必要とし、最低でも10年以上の熟成期間が必要と言われています。
十分な熟成を経たシャトー・ペトリュスはトリュフや湿った土を思わせる香りと、ジャムのような粘り気と力強い味わいだそうです。
ボルドーワイン専門店:オールドビンテージ・ドットコムを参考にしました)
クリックして楽天市場からシャトー・ペトリュスを探してみる

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/84

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの嗜好 > シャトー・ペトリュス > わずか11.5ヘクタールの畑から生まれるシャトー・ペトリュス

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)