ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの生い立ち > リトアニア時代 > 妹ミーシャの誕生

妹ミーシャの誕生

ハンニバルにとって6歳のときに起きた3つの出来事は忘れられないものであった。
その中でも妹ミーシャの誕生は、彼にとって初めて愛すべき存在、守るべき命というものを自覚させたのである。

かけがえのない存在

ハンニバルにとって妹ミーシャの存在は特別なものとなってしまう。
1945年の冬、狩猟ロッジでの避難生活はソ連軍の進駐とドイツ軍の攻撃に巻き込まれてしまったのである。
この戦いで一瞬のうちにミーシャ以外の家族すべてをハンニバルは失ってしまい、ミーシャを保護するのは自分一人となってしまったからである。
さらに、略奪者のヴラディス・グルータス一味に狩猟ロッジは占拠され、二人とも囚われの身になり、それまでの牧歌的生活から地獄の生活に一変してしまう。

そのような中でリトアニアの冬は容赦なくグルータス一味とハンニバル、ミーシャを追い詰めていき、食料に窮したグルータス一味はついに妹ミーシャを手にかけてしまう。
このときの様子をハンニバルは詳細に記憶に留めているのであるが、あまりに悲惨な記憶であるために深く心に傷を負い、その記憶は悪夢としてのみ再生されることとなり、その後のハンニバルの成長に重大な影響を与えていくのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/69

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 妹ミーシャの誕生:

» ハンニバル・ライジング 送信元 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
リトアニアの小さいながらも瀟洒な城と豪勢な大坂城が結びついてら。もう何年も間に訪れたリトアニアの城は湖上にあって慎ましやかだった。世界的な観客動員を見込む... [詳しくはこちら]

» 映画「ハンニバル・ライジング」 送信元 しょうちゃんの映画ブログ
2007年30本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「真珠の耳飾りの少女」のピーター・ウェーバー監督作品。トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリ... [詳しくはこちら]

» ハンニバル・ライジング(評価:○) 送信元 シネマをぶった斬りっ!!
レクター博士と言ったらアンソニー・ホプキンスが真っ先に思い浮かぶほど印象深い存在。しかし若かりし時代とはいえ、やはりそのレクターを若手のギャスパー・ウリエルが演じている事で最初は全く別物な感じにも見えた。... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの生い立ち > リトアニア時代 > 妹ミーシャの誕生

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)