ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの生い立ち > フランス時代 > 1946年、フランスでの新生活が始まる

1946年、フランスでの新生活が始まる

ハンニバルは妹ミーシャの死により心に深い傷を負ってしまい、それ以来言葉を発しなくなってしまっていた。
リトアニアのレクター城(当時、人民生活協同組合孤児院菜園となっていた)での孤児院生活は、ハンニバルにとっては苦痛でしかなかったようである。
言葉を発せられないがためにいじめにあい、孤児院の管理者からも差別的に扱われる事が多かった。また城の中の品々は略奪され、かつての家庭的雰囲気は全く失われていた。
そんな中、ようやく画家でもある叔父のロベール・レクターによりフランスへ引き取られ、新生活が始まったのである。ハンニバル13歳の頃である。

ロベール・レクターより絵の手ほどきを受ける

叔父のロベール・レクターはナチスにより一時期排斥された退廃芸術の画家であり、言葉を発しないハンニバルに対して気分転換のために絵を描く事を教えた。
頭脳明晰なハンニバルにとってこれまで芸術に接する事はあっても、自ら絵を描く事はほとんどなかった。(妹ミーシャといたずらでレクター城にあった絵画の裏側に落書きをした事はある)
ロベールによる絵の教えは、心を閉ざしたハンニバルにとって良い情操教育になったばかりでなく、妹ミーシャ殺害の一味の顔を夢の中だけではなく、白日の下に明確にする事ができたのである。
また、画家から絵の手ほどきを受けた事でハンニバルは絵を描く才能を開花させたようである。
後にロベール・レクターが死亡した後、ハンニバルはパリに住みリセに通う事となったが、パリでの生活費を助けるために売れる絵を描けるほどであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/89

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの生い立ち > フランス時代 > 1946年、フランスでの新生活が始まる

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)