ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > エンリカス・ドートリッヒ > 初めて人肉を食したハンニバル

初めて人肉を食したハンニバル

エンリカス・ドートリッヒの殺害方法は、幼い頃レクター城で飼われており第二次大戦の戦火も生き延びた馬シーザーに首を引きちぎらせるという方法で行われた。1951年、ハンニバル・レクター18歳の頃である。
殺害後ハンニバルは頬肉を切り取り、バーベキューにして食べている。

初めて味合う肉

ハンニバルは初めてここで人肉を食する訳であるが、この経験がその後の嗜好パターンを決定的にしたと思われる。
しかし食べ方は調理道具も持ち合わせていなかったためかまだ未熟で、後の本格的フレンチではなく、近くに自生していたアミガサタケと一緒に串焼して食べたのであった。

改めてポピール警視の注目を引く

この事件はリトアニアで起きた事であるが、調査の結果エンリカス・ドートリッヒが第二次大戦中の戦犯であったため、戦犯を追跡していたポピール警視に知られることとなる。
ポピール警視は同じ戦犯であるポール・モマンが5年前に殺害された時と酷似した状況から、直感的にハンニバル・レクターが犯人と見抜いてしまう。
しかしながら今回の事件は他国のリトアニアでのことであり、直接調査することはできなかった。その代わり、ハンニバルの保護者である紫夫人の元へ行き、ハンニバルが戻ってきたならば連絡をするように伝えたのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/65

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの犠牲者 > エンリカス・ドートリッヒ > 初めて人肉を食したハンニバル

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)