ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > 雑記帳 > 牡蠣 > エカイエ

エカイエ

エカイエとはフランスで牡蠣殻を開ける職業のことを指す。
日本と異なり、フランスでは殻のままの状態で牡蠣が流通するので、牡蠣剥きの職場はおもにレストランとなる。
フランスでは約1,200名ほどがこの職に携わっている。
レストランでの仕事となるために、ただ牡蠣を剥くだけではなく、皿に盛り付ける技術も必要とされる。

世界記録は1分間に34個!

エカイエには世界大会もあり、この世界での有名人はベルナール・ゴンティエ氏で、牡蠣むきの世界チャンピオンに5回もなったそうである。
そのスピードは1分間に34個!1個に2秒かからない!

自分で牡蠣の殻を剥いたことがある人なら判ると思うが、信じられないスピードである。
皿に盛り付ける競技では54分で934個を開けて20のプレートに盛り合わせたそうである。こちらは1個約3.5秒である。

わがハンニバル・レクター博士は果たして牡蠣の剥き方はどうであったろうか?
もっともバタール・モンラッシェを飲みながらなので急ぐこともないし、優雅に開けていたであろう。

エカイエについては以下の本を参考にしました。
フランスを救った日本の牡蠣

フランスを救った日本の牡蠣―もっともっとフランスが好きになる本

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/74

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > 雑記帳 > 牡蠣 > エカイエ

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)