ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > ポール・モマン > ここがハンニバルの人生の岐路になったのか?

ここがハンニバルの人生の岐路になったのか?

遊哉様、TBさせていただきます。
ハンニバル・レクターというトマス・ハリスが作り上げた稀有な人物についてのブログを立ち上げたNAOと申します。
ハンニバル・シリーズについては非常に長い期間継続(レッドドラゴンは1981年発刊)しているのにも関わらす、終始一貫して書かれており、調べ甲斐のある題材ですね。
ところで遊哉様はいつの時点がハンニバルが「怪物」となったとお考えでしょうか?

内に秘めた苦悶がついに噴出

ハンニバルの幼年期の経験は確かにすざましいものであったと想像できますが、リトアニアの一般人と比べるとはるかに恵まれていた環境で育てられたと思うのです。
ハンニバルは運良く、狩猟ロッジに避難していた約3年間直接的な殺戮を経験していなかったのです。
その分、一家を失い、さらに妹ミーシャを食料代わりにされたときの心の痛手ははるかに大きかったのではないでしょうか。
終戦間際にレクター家を襲った事はまさに悲劇としか言いようがないですが、あまりに明晰な頭脳と、忘れることのできない記憶法を身につけたハンニバルにとっては、たった一度の大惨事をそれ以降引きずることになり、ついには戦争後の平穏な時代にも関わらず、ポール・モマンとの運命的遭遇が怪物への引き金を引いてしまったと思うのです。
せめてもう半年、紫夫人やロベール・レクター伯の教えを受け、内に秘めた苦悩を制御できるようになっていれば別の世界が開けたのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/93

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの犠牲者 > ポール・モマン > ここがハンニバルの人生の岐路になったのか?

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)