ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの生い立ち > フランス時代 > 医学を志すきっかけとなった絵の才能

医学を志すきっかけとなった絵の才能

ハンニバルはリセに通っていた13歳頃、解剖の授業でカエルの解剖図を書いている。
このカエルの解剖図はレオナルド ダ・ヴィンチの有名なウィトルウィウス的人体図風に描かれており、内臓器官は線影をつけて描かれていた。

ウィトルウィウス的人体図
<レオナルド ダ・ヴィンチ ウィトルウィウス的人体図>
クリックして楽天市場のウィトルウィウス的人体図を見る

そのあまりに完成度の高いスケッチに目を留めた当時のビヤンヴィル先生が、医学校のデュマ教授に見せたことから医学の道へ進むきっかけとなったのである。
アマゾンのこちらからレオナルド ダ・ヴィンチ関連商品を検索できます。

デュマ教授の支援により医学の道へ進む

医学校の解剖学の教授であったデュマは優秀な解剖学者であったが、画家ではなかった。
彼は16世紀の解剖学者アンドレアス・ヴェサリウスが遺した偉大な解剖図譜「ファブリカ(人体の構造について)」を聖なる遺物とみなしており、戦争の影響で原本の木版画が焼却されたことに大いなる悲哀と怒りを感じていた。
デュマ教授は何とかしてヴェサリウスの偉業を継ぐ解剖学の図譜を出版しようとしていたのである。
アマゾンのこちらからアンドレアス・ヴェサリウス関連商品を検索できます。

リセのビヤンヴィルから若きハンニバルの描いたカエルの解剖図を見せられたことは、デュマ教授にとって思いもよらない幸運であった。
それ以降、彼はハンニバルの成長を影ながら見守り、医学の奨学生となるように手を差し伸べたのである。

医学生になってからのハンニバルの優秀さは教授の期待を上回るものであり、アルバン・ミッシェル社から出版する解剖書の図譜を任せたのみならず、グルータス一味の殺害容疑で拘束されていたハンニバルに対し釈放の請願書を提出し、さらにアメリカのボルティモアにあるジョンズ・ホプキンス医療センターでインターン生となる道を与えたのである。
フランスにとどまっていては医学の道へ進むことはほとんど絶望的な状況であったため、インターンとしてアメリカに渡る機会を与えられたことは、ハンニバルにとっては願ってもないことであり、その後の彼の人生の方向性を決定づけたと言ってもよいと思う。
デュマ教授はハンニバルの命の恩人にも等しい存在である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/114

コメント (1)

トラバありがとうございます。
レクターのこと、お好きなんですね!!
私は、チルトンやヴァージャーといったやられ(?)キャラも、魅力的で活き活きと描かれていて好きです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの生い立ち > フランス時代 > 医学を志すきっかけとなった絵の才能

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)