ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > ヴラディス・グルータス > 戦争の混乱にかこつけて略奪を働くグルータス一味

戦争の混乱にかこつけて略奪を働くグルータス一味

グラディス・グルータスとその一味は戦争中一度も正規の軍隊に所属していなかった。
戦中行った事は略奪、虐殺などであり祖国を守るなどという事は彼らの頭の中にはなかった。
グルータス一味は自分たちの都合の良いように取り付く側をドイツ軍、ソ連軍などに替えていた。ある時は国際赤十字を装っていた事もある。

妹ミーシャ殺害のメンバー

グルータス一味は、ツィグマス・ミルコペトラス・コルナスエンリカス・ドートリッヒ、ブロニス・グレンツ、カツィス・ポーヴィックらであったが、全員がハンニバルの妹ミーシャ殺害に関わっている。
戦況が連合国に有利になってきた1944年の冬、グルータス一味は略奪品とともに空爆で一家を失ったハンニバルと妹ミーシャが潜んでいたレクター家の狩猟ロッジにたどり着いた。
このときのグルータス一味は、食料が底をつき、文字通り獲物を探して森を徘徊する狼のような状態であった。いや狼よりたちが悪く、自分たちを赤十字と偽装するため、少年を一緒に引き回していた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/133

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 戦争の混乱にかこつけて略奪を働くグルータス一味:

» ハンニバル・ライジング 送信元 ともやの映画大好きっ!
(原題:HANNIBAL RISING) 【2007年・アメリカ/イギリス/フランス】劇場で鑑賞(★★☆☆☆or★★★★☆) 「刑事グラハム/凍りついた... [詳しくはこちら]

» ハンニバル・ライジング 送信元 La vita quotidiana...
見てきましたー。 ハンニバルは幼少の頃は美少年だったということが判明。 妹のミーシャもとってもかわいかった。 でも映画は突っ込みどころ満載すぎて... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの犠牲者 > ヴラディス・グルータス > 戦争の混乱にかこつけて略奪を働くグルータス一味

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)