ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > ヴラディス・グルータス > 略奪のためにレクター家の使用人を殺害

略奪のためにレクター家の使用人を殺害

グルータスはバルバロッサ作戦開始直後の1941年6月23日に早くもレクター城でレクター家の使用人を殺害している。
このとき、城主であるレクター伯と一家は使用人たちをともない、狩猟ロッジに非難していたが、コックと庭師のエルンストは厨房の備品の梱包のためにレクター城に残っていた。
グルータスはドイツ軍の信頼を得るために、この二人を殺害したのである。

略奪の愉悦に魂を売った男

ドイツ軍にとってレクター城はソ連へ攻め入る途中の通過点でしかなかったが、最初から略奪が目的のグルータスにとってはまったく違っていた。
リトアニアに古くからあるレクター城は略奪品の宝庫であり、捻じ曲がった魂の持ち主にとってはぜひとも侵入したい場所であった。

運良くドイツ軍より先にレクター城に入ることができたグルータスは、貴重品を片付けているコックがワインラックの裏の秘密の隠し部屋に入るところを偶然に目撃している。
コックは城を離れるに当たって貴重品を略奪者から守るために作業していたのである。
そのことに目ざとく気づいたグルータスがとった行動、すなわちドイツ軍に秘密の隠し部屋を知られる前にこの部屋の存在していることを知っている人間を亡き者にすることは、略奪の愉悦に魂を売った男として当然のことであった。

結果としてこの隠し部屋は、戦争が終局に向かい、ドイツ軍の代わりにソ連軍がレクター城に入ったときも略奪を逃れることができた。しかし最後にグルータス一味に押し入られ、すべてが持ち去られたのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/134

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの犠牲者 > ヴラディス・グルータス > 略奪のためにレクター家の使用人を殺害

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)