ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > ヴラディス・グルータス > ハンニバルの最愛の妹を奪ったグルータス

ハンニバルの最愛の妹を奪ったグルータス

グルータス一味は何とか狩猟ロッジに隠れ潜むことは出来たが、食料が不足していた。
何度か森に猟に出て行くが、冬の季節でそう簡単に食料を確保できるわけはなかった。
飢えとインフルエンザにより如何ともしがたくなったとき、ついにグルータスは、それまで衛生兵として偽装するために一緒に連れてきた少年を食料にしてしまった。
しかし、食糧不足はその後も続き、ついにグルータスはハンニバルの妹ミーシャを手にかけてしまう。
妹ミーシャを選んだのは、単にハンニバルのほうが体力がまだあり、もうしばらく生かせることが出来そうだったからに他ならない。

ショックのあまり言葉を発しなくなったハンニバル

ハンニバルはグルータスとコルナスが斧と鉢を持ち、ミーシャに歌を聞かせながら外に連れ出すのを見て、本能的にミーシャの運命を悟ったが、子供のハンニバルにそれを止める手立てはなかった。
ミーシャ殺害の瞬間は、ハンニバルは気を失っていたため見ていないが、心に与えたショックは大きく、その後数年間、ハンニバルからしゃべる能力を奪ってしまった。
また、ミーシャが殺害されてから、ソ連軍に保護されるまでの記憶も一時的に失ってしまった。
記憶していないのではなく、ハンニバルの精神がその記憶を封印してしまったのである。
その記憶の封印を解いたのは、ハンニバルが医学生となった18歳になってからであり、ポピール警視が囚人に対して使う薬物のおかげであった。
薬物の助けを借り、狩猟ロッジでの最後の記憶を呼び戻したハンニバルは、ようやく妹ミーシャの復讐のための手がかりを得ることが出来たのである。
それは再びリトアニアの狩猟ロッジ戻らねばならぬことを意味していた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/144

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ハンニバルの最愛の妹を奪ったグルータス:

» ハンニバル・ライジング 送信元 CINEMA DEPOT's BLOG
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2007年4月21日 配給:東宝東和 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル,コン・リ... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの犠牲者 > ヴラディス・グルータス > ハンニバルの最愛の妹を奪ったグルータス

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)