ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > ヴラディス・グルータス > グルータスと最初の対決

グルータスと最初の対決

ハンニバルにとってヴラディス・グルータスだけは絶対に逃がすことのできない男であった。
リトアニアのレクター城から始まった数々の殺人、略奪はハンニバルから愛すべきすべてのものを奪い取ってしまったからである。
しかし、一味のリーダーだけありそう簡単に事は運ばなかった。

最初の対決は失敗

最初はミルコから聞き出したミリー・ラ・フォレのグルータスの自宅で復讐を果たすはずであったが、敵地に侵入するのにあまりにも警戒が足りなかった。
ミルコが届けるはずのベーゼンドルファーのピアノの搬入にかこつけて侵入する事に成功したが、浴室でグルータスと対峙している最中に部下に捕まってしまい、逆に危うく命を落とすところであった。
なんとか逃れられたのは、手製の時限科学爆弾のおかげであった。
間一髪、科学爆弾が爆発しバウハウス風のグルータスの自宅は火に包まれ、消火作業のどさくさにまぎれて脱出する事ができたのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/152

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > ハンニバルの犠牲者 > ヴラディス・グルータス > グルータスと最初の対決

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)