ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

Atomフィードを取得

RSSフィードを取得

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > 雑記帳 > 脳の調理法 > 脳の食べ方

脳の食べ方

脳は食材として扱いにくい。ブヨブヨにならないように下ごしらえが必要である。
昔からの方法は、水につけて圧縮し冷凍するという手法がとられる。
しかし、ハンニバルがポール・クレンドラーの脳を調理した時は、クラリスを交えて本人との会話が必要なため、脳をすくいとった直後に調理をしないといけない。
形が崩れないように調理するのはかなり技術を要するが、料理通のハンニバルにとっては特に支障にはならなかった。

調理方法

  1. すくいとった脳をレモンジュースで酸味を加えた冷水に沈めて固める
  2. スパイスを混ぜた小麦粉をまぶし、新鮮なブリオッシュのパン粉をまぶす
  3. 素早く炒めて表面をきつね色にする
  4. スライスしたパンにのせ、ブール・ノアゼットをかけ薄く刻んだトリュフを振りかける

似たような食材として魚の精巣の「たち」があるが、同様にして調理すると美味しくいただけるようである。

楽天市場からブリオッシュを取り寄せる

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/157

コメント (1)

オブジェクト:

な、なんという美味しそうな解説!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

トップページ > 雑記帳 > 脳の調理法 > 脳の食べ方

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)