ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの生い立ち > リトアニア時代

リトアニア時代

ハンニバル誕生:1934年

ハンニバル・レクターは1934年にリトアニアで生まれた。
父親の名は明らかになってはいないが、通常レクター伯と呼ばれている。
母親はシモネッタ・レクター。

スフォルツァ家ヴィスコンティ家は、1440年代にスフォルツァ家のフランチェスコ・スフォルツァが傭兵隊長としてミラノ公・ヴィスコンティ家に仕えており、その後主家の娘ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティと結婚している。
フランチェスコ・スフォルツァはその後1450年ミラノ公となる。
父方の家系は明らかになっていないが、母方は大変な家系である。
ハンニバル・レクターの品のよさは血筋のよさも相当影響していると思われる。

スフォルツァ家ヴィスコンティ家についてはWikipediaを参考にした。

2歳から字を読むことができた

ハンニバルは大変聡明な子供であった。ある種の天才であったかもしれない。
2歳のころにハンニバルは乳母が読み聞かせているグリム兄弟の本の字を目で追い、乳母のアクセントを真似て声に出して読み出している。

続きを読む "2歳から字を読むことができた" »

妹ミーシャの誕生

ハンニバルにとって6歳のときに起きた3つの出来事は忘れられないものであった。
その中でも妹ミーシャの誕生は、彼にとって初めて愛すべき存在、守るべき命というものを自覚させたのである。

続きを読む "妹ミーシャの誕生" »

心に闇の洞窟を穿った妹ミーシャの死

ヴラディス・グルータス一味によってもたらされた妹ミーシャの死は、ハンニバルから言葉を奪っただけでなく深い心の傷を刻み込み、踏み込むと自分の意思ではどうすることもできない闇の洞窟を穿ってしまった。

続きを読む "心に闇の洞窟を穿った妹ミーシャの死" »

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの生い立ち > リトアニア時代

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)

イタリア伝統食器専門店【ガストロノミア】