ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの嗜好 > ブロン産の牡蠣

ブロン産の牡蠣

貴重なブロン産の牡蠣

もともとはフランスのブルターニュ地方南部のブロン河口で養殖されている牡蠣を指すが、今ではブルターニュ地方で産出されるヨーロッパヒラガキのことを指す。
ブロン産のヨーロッパヒラガキは日本の牡蠣と種類が異なり、全体の形が丸く平たいのが特徴。
ヨーロッパヒラガキはもともとフランスに自生していたのであるが、乱獲により生育数が激減してしまった。
フランス全体で牡蠣の生産量は約14から15万トンであるが、そのうちヨーロッパヒラガキは2000トンしかなく高級品である。
味はほかの牡蠣と比べ濃厚で、わずかに苦味があるといわれている。
このため合わせる白ワインも力強いものになり、美食家のハンニバル・レクターはバタール・モンラッシェを良く選んでいる。

今では貴重なヨーロッパヒラガキ

もともとフランスに自生していたヨーロッパヒラガキであるが、乱獲により今ではわずかにフランスの生産量の2パーセント以下になってしまった。
なぜ先人は資源が枯渇するまで牡蠣を食べ続けたのであろうか?
これには牡蠣を食べることによる効能が深く関係しているようである。

続きを読む "今では貴重なヨーロッパヒラガキ" »

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの嗜好 > ブロン産の牡蠣

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)

イタリア伝統食器専門店【ガストロノミア】