ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > ペトラス・コルナス

ペトラス・コルナス

略奪品を売りさばいていたペトラス・コルナス

ペトラス・コルナスはグルータス一味の中で多少なりとも美術品や貴金属類の知識があったようである。
そのた、第二次大戦中に略奪した美術品を闇で売りさばく役目を負っていた。
略奪した美術品の中にはレクター城から持ち去った物もあり、その一つが水墨画を画商に売り生活費の足しにしていたハンニバルの目に留まったことは幸運であった。
ハンニバルがポピール警視に伝えた情報により、レクター城から持ち出された絵画の一部は略奪者の手から開放されたのである。

ミーシャの腕輪を着けていたコルナスの娘

ペトラス・コルナスはフランスでクリストフ・クレベールと名乗り、パリ郊外のフォンテンブロー近くでレストランを経営していた。
表の顔は美食家にしてカフェのオーナーであり、毎週日曜日に協会へ祈りに行く二児の父でもあった。
しかし、紫夫人と入ったそのカフェでハンニバルは、コルナスの娘カテリーナが妹ミーシャの腕輪を着けていたのを見逃さなかった。

続きを読む "ミーシャの腕輪を着けていたコルナスの娘" »

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの犠牲者 > ペトラス・コルナス

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)

イタリア伝統食器専門店【ガストロノミア】