ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの関係者 > クラリス・スターリング

クラリス・スターリング

バッファロウ・ビル事件とクラリス・スターリング

クラリス・スターリングとハンニバル・レクターの関わりは彼女がまだFBIの訓練生だった頃から始まる。
ハンニバルはウィル・グレアムにより一連の猟奇殺人事件の犯人として捕らえられており、メリーランド州のボルティモア精神異常犯罪者用州立病院に収監されて8年が経っていた。
クラリス・スターリングはハンニバルからバッファロウ・ビル事件の犯人像を聞き出すために、FBIの行動科学課課長ジャック・クロフォードが熟慮の末に選んだ面接相手であった。

クラリスが封印した過去

クラリス・スターリングは優秀な訓練生であったが、その心の奥底にはハンニバルのそれとは異なるが封印している記憶があった。
ハンニバルは5回に及ぶクラリスとの面会で、FBIが求めていたバッファロウ・ビル事件解決に関わる情報を提供したが、その情報はクラリスの封印していた過去の記憶との引き換えで得たものであった。

続きを読む "クラリスが封印した過去" »

バッファロウ・ビル事件解決への手がかりを得る

クラリス・スターリングはハンニバルとの最後の面会でバッファロウ・ビル事件の捜査資料を返されたが、その中に事件解決のヒントになる重要なメモが書かれていた。
それは犠牲者の発見現場が意図的に散らしてあるということであった。

続きを読む "バッファロウ・ビル事件解決への手がかりを得る" »

クラリスの決断がバッファロウ・ビル事件を解決

バッファロウ・ビル事件でキャザリン・マーティンが誘拐されてすでに4日が経過していた。
犯人がキャザリン・マーティンの皮を剥ぐのにもう時間の猶予がなかった。
自分の五感すべてが訴えている「犯人の手がかりは最初の犠牲者の近辺にある」という心の中の声に、ついにクラリスは行動を起こすことを決意した。
この決断により、FBI捜査官としての道が閉ざされるかもしれない状況にあったにもかかわらず、クラリスは自身の信念に従って決断を下したのだ。

続きを読む "クラリスの決断がバッファロウ・ビル事件を解決" »

ハンニバル・レクター資料室 > ハンニバルの関係者 > クラリス・スターリング

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)

イタリア伝統食器専門店【ガストロノミア】