ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > レクター家と関係者 > 紫伯爵夫人

紫伯爵夫人

紫・レクター伯爵夫人

紫・レクター伯爵夫人はソ連軍により収容所にされていたレクター城からハンニバルを連れ出したロベール・レクター伯の妻であり、ハンニバルの叔母である。
紫伯爵夫人は戦争により凍り付いてしまったハンニバルの心を何とかほぐそうと腐心し、ある程度は成功したものの、結局ハンニバルの心の闇を明るく照らすまでには至らなかった。

心の平安を得ることができた紫夫人の教育

13歳から成人するまでの間を日本人というヨーロッパとは異なる文化圏をベースに持つ紫夫人と過ごしたことは、もっとも多感な時期のハンニバルにとって最良とはいえないまでも、悲惨な妹ミーシャの記憶と正面から向き合える精神的強さを養うことには成功したのではないだろうか。
結果的にハンニバルは紫夫人でさえ開放できなかった深い心の闇を持ったままその後を生きるわけであるが、心の平安を得ることができたのは紫伯爵夫人のおかげといってもよいと思う。

続きを読む "心の平安を得ることができた紫夫人の教育" »

ハンニバル・レクター資料室 > レクター家と関係者 > 紫伯爵夫人

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)

イタリア伝統食器専門店【ガストロノミア】