ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > レクター家と関係者 > ヤコフ先生

ヤコフ先生

ユダヤ人学者ヤコフ

ハンニバルの父はハンニバルが6歳の時にレクター城の陰の長さから城塔の高さを計算した事を知り、教育のレベルを上げる事にしたが、ヤコフはそのときライプチヒから呼び寄せた学者である。

ヤコフはおそらくハンニバルにとってもっとも大事な事の一つを教えている。
それは「記憶の宮殿」である。
ハンニバルが8歳になった時、ヤコフはすべての事を記憶するために頭の中に宮殿を作る事を勧めた。
ヤコフは宮殿を作るにあたってもっとも美しい部屋を連想させ、ハンニバルは母の部屋を選んでいる。
その後、ハンニバルは記憶にとどめておくべき事柄は記憶の宮殿の中には部屋を作り、その中に記憶をしまうという方法で視覚、聴覚、嗅覚など記憶できる事はすべてしまい込む事ができるようになった。

雑学の学者

ハンニバルは子供のころから並外れた知能を持っていた。
2歳で本を読み、6歳のころにはリトアニア語以外に英語、ドイツ語を自由に読めるようになっている。
ヤコフ先生は我が子の教育レベルを上げるために父親が招いた学者であるが、その教育方法は一風変わっていたようである。
講義だけではなく、かつての城主ハンニバル”峻厳”公がドイツのチュートン騎士団との戦いで用いた投擲アームを再現し、ハンニバルの誕生日に動かすこともしている。

続きを読む "雑学の学者" »

ハンニバル・レクター資料室 > レクター家と関係者 > ヤコフ先生

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)

イタリア伝統食器専門店【ガストロノミア】