ハンニバル・レクター資料室とは

怪物と呼ばれた医学博士ハンニバル・レクターについて、生い立ち、嗜好、関係者などをトマス・ハリスの原作小説を基にまとめた資料室です

こちらもよろしく

オヤジの映画の見方

ハンニバル・レクター資料室 > 雑記帳 > 脳の調理法

脳の調理法

ブール・ノアゼット、脳のソース

ブール・ノアゼットとは焦がしバターソースの事で、料理としては仔牛、子羊、魚の白子、茹で野菜などに合います。
ハンニバルは念願のクラリスとのディナーで、司法省のポール・クレンドラーの脳を食する時のソースとしてブール・ノアゼットを作っています。
ブール・ノアゼットは作り置きができないので、料理の仕上がりに合わせてその場で作る必要があります。
*ノアゼット:きつね色の意

続きを読む "ブール・ノアゼット、脳のソース" »

脳の食べ方

脳は食材として扱いにくい。ブヨブヨにならないように下ごしらえが必要である。
昔からの方法は、水につけて圧縮し冷凍するという手法がとられる。
しかし、ハンニバルがポール・クレンドラーの脳を調理した時は、クラリスを交えて本人との会話が必要なため、脳をすくいとった直後に調理をしないといけない。
形が崩れないように調理するのはかなり技術を要するが、料理通のハンニバルにとっては特に支障にはならなかった。

続きを読む "脳の食べ方" »

ハンニバル・レクター資料室 > 雑記帳 > 脳の調理法

RSS登録

Subscribe with livedoor Reader

My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加

Add to Google
Powered by
Movable Type 3.34

SEO対策ツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

ちょっと一息
ネットでお買い物







Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)

イタリア伝統食器専門店【ガストロノミア】